紀の川市貴志川町の歯科医院 田原歯科

クリニック紹介
トップページ
ドクター紹介
スタッフ紹介
医院へのアクセス
リンク
当院の診療について
基本理念
歯周病について
歯内治療
むし歯の治療
矯正治療
インプラント治療
歯周治療と歯内治療の自費診療についてのご案内
パーフェクト・ペリオ・トリートメントについて
顕微鏡下無菌的歯内療法について


パーフェクト・ペリオ・トリートメントについて

パーフェクト・ぺリオ水は体内の白血球が細菌やウイルスを殺菌するときに使うHClO(次亜塩素酸)を高純度に活性化した機能水で、炭酸と食塩水を電気分解して作られます。皮膚や口腔粘膜に対する安全性は証明されおり、目に入ったとしても問題がないことも示されています。大学研究機関の研究により、従来の含嗽剤に比べて優れた殺菌能力があることが示されました。パーフェクト・ぺリオ水は、歯周病の直接的原因である歯周病原細菌をお口の中から最も効果的に殺菌・除菌できる機能水です。またむし歯菌も殺菌できることもわかっています。

従来の歯科治療では水やイソジン液などを使いながら、機械的に歯石や歯垢(プラーク)を除去してきました。しかし、それではミクロン単位の非常に小さな生き物である歯周病原細菌の一部は生きたままでお口の中に残ってしまいます。また死んだ細菌から放出された内毒素(リポポリサッカライド、LPS)はそのまま残り、歯周病を進行させてしまいます。

また歯周病原細菌は他のむし歯菌などと共に細菌バイオフィルムという集合体を形成して歯に付着しています。この細菌バイオフィルムは歯ブラシでは完全に取り除くことはできません。また普通の含嗽剤や抗生剤はバイオフィルムの表層の膜を通過することができず、細菌は生き残ってしまうのです。

一方、高純度活性化HClOを含むパーフェクト・ぺリオ水は短時間で歯周病原細菌を内毒素ごと溶かして殺菌することができます。従来の口腔洗浄剤・含嗽剤(イソジン液、コンクール、ネオステリングリーン、リステリンなど)ではすべての歯周病原菌を殺菌することはできず、生きた菌が残ってしまうことが研究で示されています。またパーフェクト・ぺリオ水にはNaHCO3(重炭酸ナトリウム)も含まれており、これが細菌バイオフィルムのバリヤーにたくさんの穴を開け、そこからHClOが内部に浸透して細菌を殺菌することができるのです。

ただし、歯周病をなおすためには診療室における除菌だけでは十分ではありません。

歯周病は細菌感染症ですので、ご家庭で口腔内細菌の家族内感染(ピンポン感染)を起こさないように取り組むことが必要です。また、再び口腔内細菌が増えないように口腔清掃をしっかり続けていくことも大切です。歯周病治療には自助努力も必要なのです。歯周病はお任せでは治りません。

また、歯周病は歯周病原細菌因子、環境因子、遺伝因子などいくつもの要因が重なって起きる多因子性の疾患でもあります。

環境因子にはタバコ糖尿病などの全身疾患、ストレス疲労悪い歯ならび咬み合わせ喰いしばり歯ぎしり強すぎる咀嚼圧口腔内の清掃不良不適切な食生活悪い姿勢などがあります。

同じ程度の細菌の攻撃を受けても、歯肉内や歯槽骨における炎症の強さや骨の溶かされ方に個人差があります。その反応の個人差を生むのが、ある種の遺伝子の配列の違いであることがわかってきました。これを歯周病の発症と進行における遺伝因子と言います。言い換えると、他人と同じような生活をしていても歯周病が進みやすい方がいるということです。これは歯周病体質を持っていると表現することもできます。

現在、残念ながら歯周病体質に対する遺伝子治療はできません。一方、環境因子は改善できるものが多いので、できるだけコントロールする必要があります。歯周病原細菌の除去単独で全ての方の歯周病を完全に治すことはできないのです。環境因子の改善と共に、歯周病原細菌の除去をする必要があるのです。



しかし、歯周病を引き起こす多くの因子の中で、最も比重の大きいものは細菌因子であることは間違いありません。パーフェクト・ぺリオ水は歯周病の中心的な原因である歯周病原細菌を効果的に殺菌・除菌できるのです。他の含嗽剤(イソジン液、コンクール、ネオステリングリーン、リステリンなど)や単なる水では歯周病原細菌は生き残ってしまうのです。

一般的な歯周治療(保険治療)では歯周病原細菌を完全に除菌することはできません。それどころか歯周病原細菌の病原性の元となっている内毒素(リポポリサッカライド、LPS)は残ってしまい、歯周組織内では歯周病の進行が持続してしまいます。

パーフェクト・ぺリオ水は高純度HClOの作用により、歯周病原細菌を効果的に溶菌し、その中のLPSも溶かしてしまいます。歯周病の原因の中心的存在である歯周病原細菌を殺菌して、その毒素まで除去できるパーフェクト・ぺリオ水は歯周病の治療に最も効果的であると言えます。

パーフェクト・ぺリオ・システムでは歯周病の種類と程度により必要とされる治療内容が異なります。それは以下の通りです。
1) 歯肉炎・・・・・・第1段階の治療

2) 慢性歯周炎
 軽度歯周炎・・・・第1段階 + 第2段階の治療
 中等度歯周炎・・・第1段階 + 第2段階の治療
または
第1段階 + 第2段階 + 第3段階の治療
 重度歯周炎・・・・第1段階 + 第2段階の治療
または
第1段階 + 第2段階 + 第3段階の治療

3) 侵襲性歯周炎・・・・第1段階 + 第2段階 + 第3段階の治療

これは遺伝因子の比重が大きい病態で、歯周病の進行を食い止めることが困難であり、また再発も多く、繰り返し治療が必要となることが多い。この病態の一部の方には何をしても歯周病が進行してしまう不幸な方もおられます。誰がどんな治療をしても遺伝因子や全身疾患による因子のために、歯を守れない方も一部にいらっしゃるということです。
    
先にも述べたとおり、ホームケアとしての口腔清掃の徹底が同時に必要です。家族間のピンポン感染を起こさないような取り組みも必要です。タバコを吸う方は禁煙に取り組んだり、歯ぎしりや喰いしばりのある方は認知行動療法やマウスピースを使用したり、ストレスのある方はそれを解消し免疫力を高めたり、咀嚼力の強すぎる方は意識してソフトな力で物を咬むようにトレーニングしたりする、環境因子の改善(生活習慣の改善)にも努めなければなりません。

つまり、パーフェクト・ぺリオ・システムで歯周病原細菌を除菌しながら、歯周病の環境因子も改善していければ、ほとんどの歯周病の進行を食い止めて、改善させることができるのです。もっとも、まず先にむし歯や不良な治療のあと(つめ物、冠、さし歯、入れ歯)を適切に治しておく必要があることは言うまでもありません。

これらの総合的な取り組みの中で、パーフェクト・ぺリオ水を用いて歯周病原細菌の除菌を徹底していけば、多くの方が歯周病の進行を食い止めることができるようになります。


トップページドクター紹介スタッフ紹介医院へのアクセスリンク
基本理念歯周病について歯内治療むし歯の治療矯正治療インプラント治療レーザー治療審美歯科

Copyright (C) Tahara Dental Clinic All Rights Reserved.